カティーの旅とマイル

僻地に赴くエンジニアの旅行記やマイルの貯め方を紹介します

引越しとポイント活動

こんにちは、カティーです。

今日は引越しとポイント活動のお話です。

 

引越し「前」のポイント活動停止の必要性

1月下旬に引っ越しをするにあたって、12月からポイントサイトの活動、特に「クレジットカード発行案件」を停止していました。

忙しかったからというのももちろんありますが、一番の理由は住所変更にあります。

クレジットカードは転送不要郵便で届く為、郵便物の転送サービスでは新しい住所に送られずカード会社に返送されてしまうからです。(転送サービスとは、引越し後1年間引越し前の住所に送られてきた郵便物を新居に転送してくれるサービスです。郵便局窓口又はWebで申請できます)

実際にカード発行窓口に1月に引越す旨を相談したら「引越して住所が安定してからお申し込み下さい」といわれました。

審査から発行まですぐ終わればいいのですが、時間がかかるカードもありますので早めの活動停止としました。

 

引越し「後」のポイント活動停止の必要性

引越し完了!早速ポイント活動を再開しよう!

と思いましたがこちらも再開までに少し時間が必要でした。

その理由は

「免許証の住所が古いまま」

だからです。

一般的にクレジットカードの審査では、本人確認書類として

・免許証

・保険証

・パスポート

等の身分証明書が必要です。

この中でも特に本人確認に有効なのが「免許証」だと言われています。審査にかかる時間も他の証明書よりも速いという話もあります。(顔写真付きかつ住所が手書きでない為偽造しにくい、規格が統一されている等が理由のようです)

なので私はいつも免許証を使っています。

その免許証の住所を変更する為にはまず役所に「転入届」を出して新しい住所を登録し、住民票の写しを発行して免許センター(又は警察署)に持っていく必要があります。

 

転入届け提出、マイナンバーカードの思わぬトラップ

転入届は引越し後2週間以内に提出することが義務付けられています。遅れると最大5万円の罰則を払わなければいけないらしく、この短い期間に役所に行って手続きをしなければいけません。(ちなみに引越し前に元の役所で「転出届」を入手しておかなければいけません。)

役所の多くは平日しか開いていない、しかも17時ごろ閉まるのでサラリーマンが手続きに行くのは大変です。

その為役所によっては「毎週○曜日は19時まで手続きできる」という措置をとっているところもあります。(私の住んでいるところがそうでした)

 ということで先々週の火曜日に役所に行ってきました。転出届・転入届の手続きには「マイナンバーカード」を使うか、書類を書く必要があります。マイナンバーカードを使うと情報をそのまま引き渡せるので楽になります、と窓口で言われたのでマイナンバーカードを使用しました。

 

ところが

 

転入先でマイナンバーカードを渡すと、「エラーが出て引越し前の役所と接続できません」と言われてしまいました。

更に「今日はもう閉庁時間が近く復旧できません。引越し後2週間以内に手続きをする必要があるので今週の金曜まで(3日以内)にもう一度来てください

これがお役所仕事というのでしょうか、怒り心頭です。

そちらのシステムエラーで手続きができないのに、数日中に会社を休んでもう一度来いというのです。

結局平日にそんな急に休みは取れないという旨を説明し、翌週の火曜(19時まで開いてる)まで期限を延ばしてもらいました。

皆さんもマイナンバーカードには気をつけてください。まだシステムがしっかりしていないようです(どう気をつければよいかわかりませんが。。。)。とりあえずこんな事態が起こったときの為に、時間にゆとりを持って引越し後すぐに役所に行くのがよいと思います。

 

【まとめ】引越後にポイント活動を再開できるようになるまで

  1. 引越し元の役場で「転出届(又はマイナンバーカードに転出情報入力)」を入手(引越し日2週間前から手続きできます)
  2. 引越し
  3. 引越し先の役場で「転出届(又はマイナンバーカード)」を提出し、「転入届」の手続きをする。
  4. 新しい「住民票」を入手
  5. 免許センター又は警察署で免許証の住所変更 ※県によって違いがあります。必ず自分の県の免許情報を調べましょう。免許センターに電話、またはネットで「免許 住所変更 ○○県」と検索すれば情報が入手できます)
  6. 住所変更&免許証の情報変更完了!ポイント活動再開へ!!

 

実は本日有休を取って免許証の住所変更に行ってきます。やっとポイント活動再開できます(笑)