カティーの旅とマイル

「旅を楽しむ」をコンセプトに、僻地に赴くエンジニアが旅行記やマイルの貯め方を紹介します

シンガポール&バルセロナ新婚旅行記(その5/バルセロナ2日目)

2018年9月
ANAマイルの特典航空券でシンガポール&バルセロナへ行ってきました!
本記事(旅行記その5)はバルセロナ観光2日目」について書いています。
いよいよサグラダファミリア登場!必見ですよ!(笑)

「ここはもっと詳しく知りたい!」なんてコメントをいただければ、できる限り回答いたしますのでぜひコメント下さい(^^)


グエル公園

スペイン2日目
昨晩寝るのが早かったこともあり(あと時差の影響もあって)、6時前には目が覚めていた。
ダラダラと出かける準備をし、食堂が開く7時に朝食。

食後はすぐにグエル公園に行った。

事前にネットで8時半入場のチケットを購入しておいた。
バルセロナにあるガウディの建築物はどれもネットで事前予約ができる。
予約せずに行った箇所もあったが、チケット売場の列に並んでいると係の方に
「今からでもネットで購入できますよ。ネットで購入したらこちら側から早く入れますよ。」
と、声をかけられることもあった。
やはりスマホでデータ通信できるようにしておくのが良い。

早朝のグエル公園はまだ人が少なかった。
入口付近のトカゲの像(グエル公園のシンボル的な存在)。

この時間、この場所が旅行中で最も日本人密度が高かった瞬間だった。
おそらくみんな「グエル公園は早朝なら空いている!」という情報を得て早めにきているのだろう。
バルセロナには数泊したが、この時期は日の出が遅いことも影響しているのか、みんな活動が遅めのようだった。
なので混みそうな場所には朝一で行くのが良いかと思う。

グエル公園・朝8時半過ぎ(左)と9時過ぎ(右)】

たった30分の違いだが、私たちが入場したときにはガラガラだった公園中央も帰りには混雑し始めていた。



バルセロナシティバス

グエル公園を出た後は「バルセロナティーバス」と言う観光バスに乗った。
昨日街中で見かけて気になっていたのだ。
バスはバルセロナ市内の観光名所を巡回しており、乗客は好きな場所で乗り降りすることができる。
はとバスのように2階がオープンになっているのでかなり気持ちが良い。

また、バスにはオーディオガイドが備え付けられており、日本語も対応しているのでのんびり観光案内を聴きながらバルセロナの街を回ることができる。
知らなかった観光名所なども知ることができてなかなか面白い。

1人30ユーロとちょっと高いが、ルート沿いに行きたい箇所が何個もあれば便利だ。
ルートがあらかじめ分かっているのもグッド。
でも一周2時間程度かかるので、単発で行きたい箇所があるなら地下鉄やタクシーの方がよいかな。

サバトリョ

私たちはまずへカサバトリョで降りた。

予約をしていなかったのでチケット購入のために30分ほど並ぶことになった。
ネット予約は時間まで決めないといけないのであえて買わなかったのだが、グエル公園観光のあとに予約しておけばもっとスムーズに入れたぢろう。(印刷しなくても予約した画面を見せればOK)
中もかなり混雑していた。

建物自体はもちろん素晴らしかったのだが、ここではオーディオガイドにも驚かされた。
入口で日本語希望を伝えるとスマホのオーディオガイドを貸してもらえる。(チケット代に含まれているので使い料金不要)
ケースもガウディ風ですごくオシャレ。

そしてオシャレなのは見た目だけではない。
実はこの端末、AR(拡張現実)のソフトが入っており、画面を向けるとスマホ上にガウディがイメージしたものや、当時の家具などが写し出されるのだ。

大人も子供もスマホを見ながら進む様子はなんだか面白かった。


ちなみに徒歩数分のところに同じくガウディ建築の「カサミラ」もある。
こちらは中には入らず外観だけ。

ロブスターのパエリア

お昼時になったので妻がネットで調べたレストランに行くことに。
こちらも観光バスで近くまで行き、そこから歩いた。

12時半ごろ到着
13時オープンだったため店の前で30分ほど待機。
メニューはスペイン語しかなかったので、ネットでお店のページを開きこの料理が食べたいと写真を指差して注文した。(パエリアを注文)
1人分で十分だろうと思ったが、2名分からしか注文できなかったので2人分のを注文した。

出てきたのはかなり大きい鉄板に乗ったロブスターのパエリア。
ロブスターのサイズが大きいだけあってズルズルと実が取れる。
引き締まっていて、でかいカニのようだった。

パエリア、サラダ、紅茶2人分で1万円くらい。
ロブスターが高い。

お腹を満たした私たちは再びバルセロナティーバスに乗り、サグラダファミリアを目指した。


【行ったレストラン】CAN SOLE (「CAN SOLE バルセロナ」)で検索するといっぱい情報が出てきますので、気になる方は検索してみてください)

サグラダファミリア

バスに揺られながらいくつかの観光名所を過ぎ、ついにサグラダファミリアに到着!


周りをウロウロ見ているうちに予約した入場時刻になったので、チケットを見せて入場。

チケットの種類 値段 内容
TOP VIEWS 29ユーロ 入場して塔に上ることができる。オーディオガイド付き
BASIC TICKET 15ユーロ 入場のみ
AUDIO TOUR 22ユーロ 入場とオーディオガイド貸出

サグラダファミリア公式サイト(英語)

私たちは塔に登ることができる「TOP VIEW チケット」を購入していた。
サグラダファミリアの内部をじっくり見学したいところだったが、塔に登る時間も予約時に決まっているため先にそちらの方へ。
塔へはエレベーターで登り、歩いて降りてくる。
エレベーター前には順番待ちの列ができていた。
※エレベーターのそばにコインロッカーあり。


登ったらあとは下るだけかと思いきや、通路はかなり複雑になっていてまるで迷路のよう。
下っていたと思ったらまた登りの階段があったりしてしばらく冒険を楽しめた。
窓から見える景色、内部の複雑な通路、そしてサグラダファミリアの美しい装飾や彫刻を楽しみながら道を下っていく。

1階(聖堂部分)の戻ってきてからはステンドグラスを堪能。

まだ建築途中ということもあり、古くからの聖堂の良さに新しさも混ざってすごくきれいだった。
座ってしばらくぼーっとするのも楽しい。

サンパウ病院

サグラダファミリアを出た後もまだ4時過ぎだったため、もう一度バルセロナシティバスに乗りサンパウ病院へ行ってみた。
サンパウ病院はガウディ設計ではなく、モンタネールという方の設計した建物だ。
世界遺産にも登録されている。
サグラダファミリアやカサバトリョ、グエル公園などのガウディ建築のような混雑はなく、予約なしでもすぐに入ることができた。


ホテルでの夕食

最後にもう一度バルセロナティーバス乗車。
終点がカタルーニャ広場なので、ホテルの目の前まで連れて行ってくれるのだ。
ホテルで一休みしたら夕食を食べに出かけようかと話していたが、予想以上に疲れていたのでホテルのレストランで夕食をいただくことにした。
しかし…
注文しても全く料理が出てこない。
私たちの注文が忘れられているわけではなく、周りの方もかなり待たされているようだった。
結局1皿目が出てくるまでに1時間以上かかり、疲れていた妻は飲み物だけ飲んで部屋に戻ってしまっていた。


ということで一人で食べました(笑)

最後はこんな感じの夕食だったが、2日目も行きたいところに行くことができて大満足!
ガウディ建築はやはりどこも混雑していたので、行かれる方は予約していくのがいいですよ!