カティーの旅とマイル

「旅を楽しむ」をコンセプトに、僻地に赴くエンジニアが旅行記やマイルの貯め方を紹介します

シンガポール&バルセロナ新婚旅行記(その1/出国~シンガポール初日)

2018年9月
ANAマイルの特典航空券でシンガポール&バルセロナへ行ってきました!
日記のような感覚で書いているので、ゆる〜く読んで下さい(^^)
各フライトの搭乗記や宿泊ホテルのレビュー、観光地の情報などは別記事にて細かく書きますので、そちらも読んでもらえると幸いです。
また、「ここはもっと詳しく知りたい!」なんてコメントをいただければ、できる限り回答いたします(^^)

あこがれのバルセロナへ!特典航空券ゲットだぜ!

2017年に結婚した私たち夫婦は、2018年の9月に5日間の結婚休暇をいただいてあこがれのバルセロナへ行くことにしました。
そしてこのとき、1年間かけて貯めたANAマイルを使用してビジネスクラスの特典航空券を取得したのです!

特典航空券はマイルと交換してもらえる無料の航空券で、用意されている席数が限られています。
特にハワイやヨーロッパと行った人気路線のビジネスクラス特典は人気が高く、ANA一般会員では入手が非常に困難です。
また、2018年現在東京からバルセロナへの直行便は無いため、どこかで乗り継いで行く必要があります。
そこで今回は、シンガポールまでエコノミーで行き、そこから先はビジネスクラスを予約するという方法を取りました。

新婚旅行であこがれのバルセロナ、しかもビジネスクラスで行ける!
妻も喜んでくれて、準備からワクワクしながら行いました(^^)

【大まかなスケジュール】

日時 内容
9月8日(土) 羽田→シンガポール
8~10日 シンガポール観光
10~11日 シンガポールバルセロナ
11~12日 バルセロナ観光
13日 ダリ美術館
14日 スペイン南部の白い街ツアー
15日 バルセロナ観光
16~17日 帰国

【参考】

ビジネスクラス発券
→☆準備中☆夫婦で海外旅行・準備編
マイルを貯めて旅行に行くには?


いざシンガポールへ!

☆9月8日☆
朝4時15分の高速バスに乗るために3時に起床するはずが、興奮しているのか1時に目が覚め眠れなくなってしまった。
どうせバスと飛行機で寝るのだからと思い、そのまま読書をすることに。
3時に妻を起こし、3時半に予約していたタクシーに乗り込むと3時50分には高速バスセンターに到着していた。
しかしここで土砂降りの雨。
しかもバスセンターは4時までしまっていたのだ。

こんなことならバスセンターの開く時間を調べておいて、もっとギリギリに来ればよかった。。。

今更そう思っても仕方がないので軒下で雨宿りをすることに。
他にも待っている人がいて、センター内は明かりもついていたがしっかり4時までは開けてもらえなかった。

そして4時15分ようやくバスに乗り込むと私たちはすぐに眠りについてしまった。


☆AM6時前☆
目が覚めるとすでに羽田空港に到着していた。
チェックインを済ませてキャリーバックをカウンターで預けると、ちょっと早めの朝食をとった。

朝食は「つるとんたん」でうどん。
器がめちゃくちゃでかい(笑)
3玉分まで無料で大盛にできるらしいが、小食の私はこれで満腹。
となりの女性は2玉分(約500g)で注文していた。

朝食後
シンガポールまではエコノミークラスのため航空会社のラウンジは使えない。
そのためクレジットカードのラウンジを利用することに。
出国審査所を出てすぐの「スカイラウンジ」はアクセスがしやすいこともあり満室だった。
そこで少し離れてはいるが、時間もあるので「スカイラウンジアネックス」を利用した。

こちらは空席も多くゆっくり時間を過ごすことができた。
私は使ってないがシャワー室もあるようだ。

シンガポール航空搭乗

いよいよ搭乗時間。
初めてのシンガポール航空だ。


実は私がバルセロナへの経由地にシンガポールを選んだのは、SQ (シンガポール航空)大好きブロガー智子さんの記事を読んでいるうちに「シンガポールに行きたい!SQにも乗ってみたい!」と思っていたからだ。

智子の搭乗紀行・時々ホテルに美味しいもの

シンガポール航空のCAさんは、上品でありながら物腰も柔らかく素晴らしい接客だった。
そしてとても美人だったので、妻にバレないようにこっそりと見とれていた(笑)
すると突然妻が一言

あのCAさん…

ギクリ

制服すごく可愛いね!

CAさんに見とれていたのがばれたのかと思ったが、そうではなかった。

(ほっ)

安心した私は智子さんのブログで得たサロンケバヤに関する知識を早口で披露した。
感心すると同時にいぶかしそうな目で見られていた気がするが、きっと気のせいである。

(このひと、なんでこんなにCAの制服について詳しいの…)


SQガールの制服についてはこちら⇒【智子の搭乗紀行】日本人初のSQガール紫様、誕生!

エコノミークラスではあったが、機内設備も充実していた。
枕あり、座席にも高さを変えたり曲げたりして首を包める枕が付いており、座ったままでも割と楽に眠ることができた。
USBケーブルによる充電充電も可能。
食事はまさかの鰻丼でとてもおいしかった。
デザートはハーゲンダッツ(バニラ)


その後機内は暗くなり、満腹になった私たちは眠ることにした。


しばらくすると再び機内が明るくなり私たちも目を覚ました。
そして映画の続きを見ていると突然

「ご結婚おめでとうございます」


突然のサプライズに驚く妻。
実は事前にシンガポール航空の事務所に電話をし、今回の旅行が新婚旅行であることを伝えていたのだ。
その時対応してくださった方が、

「事前にご連絡頂ければ、ハネムーンの方へはケーキをご用意させていただいております」

とおっしゃっていた。
なんて素敵なサービスだろう。
もしこの記事を読んで下さっている方の中でハネムーンの計画を立てている方がいれば、シンガポール航空に乗って奥様(旦那様)にサプライズをする手助けをしてもらってはいかがだろうか?

ちなみにこの時、偶然にも2つ隣の席で誕生日を祝ってもらっている奥様がいた。
おそらく誕生日の日も事前に連絡していればお祝いしていただけるのではないだろうか?
こちらは私の方からは確認していないので、利用を希望される方はシンガポール航空に電話をしてみると良いと思う。


シンガポール到着!ホテルとガーデンバイザベイ

機内での素敵なおもてなしを受けてケーキを堪能ししばらくすると、ついにシンガポールへ到着した。
さほど並ばずに入国審査を通過し、まずはタクシーでホテルへ向かう。
ネムーン、更に特典航空券の利用により旅費がういていたため、ちょっとぜいたくして五つ星ホテルの「フラートンホテル」に宿泊した。


豪華なエントランスに素晴らしい対応のスタッフさん方。
部屋も広く豪華で防音もバッチリ!
シンガポール滞在中に使ってください」
と、スマホまで常備されていた。
今回の旅行で1番良いホテルだったこともあり、最初にこんないい思いをして後のホテルは大丈夫だろうか?と不安に思ってしまうほどだった。

ホテルで少しだけ休憩した私たちは本日唯一の予定、ガーデンバイザベイのライトアップショーを見るために出かけることにした。

ここで利用したのはGrab(グラッブ)と言う配車アプリだ。
このアプリではGPSを利用して近くにいる登録車を呼び出してくれる。
その際あらかじめ料金が分かり、どのような人が来るかも写真付きで表示される。
ドライバーは利用者に評価されるため悪い態度を取る人も少ないようで、タクシーよりも安心して利用できるように感じた。
同様のサービスにUber(ウーバー)と言うものもあるが、東南アジアではGrabの利用者が多いようだ。
ちなみにこのアプリもシンガポール航空大好きブロガー智子さんに教えていただいた。

ライトアップまではまだ時間があったので、有名なマリーナベイサンズに併設されたショッピングモールで晩御飯を食べることに。


せっかくなのでいろいろ見て食べたいと言うことで、フードコートに行き気になった食べ物をいろいろつまんでみた。

かなり混んでいたため、ここの写真はほとんどない。残念(><)


満腹になったし、お待ちかねのライトアップショーだ。
マリーナベイサンズからショーのあるガーデンズバイザベイへは徒歩でいくことができる。
開始時刻の30分ほど前に着いたが、既に多くの人がいた。
運良くメインらしきツリーのすぐ近くのベンチが空いていたのでそこで待つことに。

そして午後7:45。
美しいBGMとともに光の上が幕を開けた。


ただでさえ迫力のあるツリーたちが色とりどりにライトアップされ幻想的な光景だった。
f:id:kattie_travel:20180922155833j:plain

後ろにスペースがあったので寝転がってみることに。
天体観測をするような気分で光の上を眺めることができた。

f:id:kattie_travel:20180922155836j:plainf:id:kattie_travel:20180922155841j:plain
ツリーで遊んでみた

f:id:kattie_travel:20180922155838j:plainf:id:kattie_travel:20180922155830j:plain


途中で頭の上を子供が走り回り怖い思いもしたが、踏まれなかったし楽しい思い出だ。
お母さんらしき方が「ソーリー」と言って回っていた(笑)

ショーの終了後、余韻を振り払いタクシーを捕まえるためガーデンズバイザベイを後にする。
しかし園外までの道や周りの道路が大混雑である。 移動で疲れていたし、終わる少し前に出るべきだったと反省。
ちなみにこの反省はバルセロナで噴水ショーを見た際に活かされ、その時はスムーズにホテルに帰ることができた。

こうしてホテルに帰り、新婚旅行1日めは幕を閉じた。
2日目に続く