カティーの旅とマイル

「旅を楽しむ」をコンセプトに、僻地に赴くエンジニアが旅行記やマイルの貯め方を紹介します

シンガポール&バルセロナ新婚旅行記(その2/シンガポール観光)

2018年9月
ANAマイルの特典航空券でシンガポール&バルセロナへ行ってきました!
本記事(旅行記その2)はシンガポール観光」について書いています。
その1はこちら⇒【出発~シンガポール初日】

  • 各フライトの搭乗記
  • 宿泊ホテルのレビュー
  • 観光地の情報

などは別記事にて細かく書きますので、そちらも読んでもらえると幸いです。
また、「ここはもっと詳しく知りたい!」なんてコメントをいただければ、できる限り回答いたしますのでぜひコメント下さい(^^)

マーライオンパーク/シンガポールと言ったらやっぱりここ!

シンガポールと言ったらやっぱりマーライオン
というわけで、この日は朝から「マーライオンパーク」に行ってみた。
(ちなみにマーライオンの口から出ている水は、日本の企業が作ったポンプで吐き出されている。 )


私の宿泊したフラトンホテルからマーライオンパークへは歩いてすぐだった。
しかし最初は横断歩道の場所が分からず大まわりしてしまった。
シンガポールの横断歩道は日本のようなシマシマ部分がないため気づかなかったのだ。
棒線2本で向こう岸とつながれているのが横断歩道。歩行者用信号機を目安に探そう。
また、シンガポールでは横断歩道以外の場所を渡ると罰金を取られるらしいので気をつけよう。

AM9:00
マーライオンパークは朝一だったこともあり人も少なくゆっくりと散歩することができた。



シンガポールには5体のマーライオンがいるらしいが、そのうちの2体がマーライオンパークにいる。 残りの3体は、またシンガポールに来る機会があれば探してみたいと思う。

[小さいマーライオン]

リバーサファリで川辺の生き物と出会おう!

朝の公園散歩を終え、そのままリバーサファリへ行くことに。
マーライオンパークからリバーサファリへは車で約30分。
日本にはない川沿いの生物を中心とした珍しいサファリだ。

チケットは下記サイトから事前に購入して行った。
【voyajin/リバーサファリ】
チケット売り場で引き換えする必要があったため通常購入と手間はあまり変わらなかったが、ネットの方が割引があってお得だった。
voyajinはリバーサファリだけでなく、「ガーデンバイザベイ」等シンガポールの主要観光地のチケットが安価で購入できるので良さそうだ。



リバーサファリには開園時刻の10時ぴったりについたため、入場門で並ぶ事もなくすぐに入園できた。
さらにしばらく進んでも人がほとんどいない。
日本のサファリと違ってゆっくり観光できるんだなぁ、などと思いながらしばらく観光していた。

後で分かったのだが、実は私たちは出口側(?)から進んでいたようで、後半は反対側から大量の人がやってきていた。

川の動物や魚を見た後、楽しみにしていた川下りに行くことに。

船に乗って広大な川を進む。
ところが突然天気が怪しくなってきた。

(雨が降りそうだなぁ。。。)

そう思っていた矢先に土砂降りの雨だ。
残念だが、船は岸へと引き返してしまった。

11時近くなっていたため、一番楽しみにしていた「アマゾンリバー・クエスト・ボート・ライド(11時から運行開始)」の乗り場に行った。
これはジェットコースターのような乗り物に乗って川を進むアトラクションだ。
しかし、こちらも雨の影響で停止中になっていた。
前売りチケットに乗車券もついてたのに..

でもスコールなら1、2時間で止むんじゃない?

たしかに!
それじゃぁ動物ショーを見ながらちょっと待ってみよう!

動物ショーはボートライド乗り場のすぐ近くで行われていた。
ステージは小さかったが、イグアナやペリカンなどあまり見たことがない動物が現れたり、さらには観客席の間の通路にヘビが投げ込まれたりとドキドキするショーを楽しむことができた。

まだ雨やまないね。。。

もうお昼だし、ご飯食べてよっか。。。

ということで先に昼ごはんを済ませることに。
レストランまで行くと、先程までとは打って変わって混み合っていた。

雨、止む気配ないね。。。

先に進もうか・・・

昼食を食べ終わり、先へ進む私たち。
なぜか先の方からたくさんの人がやってくる。

おれたち逆走してたのかな。。。

たぶんね。。。


パンダ発見。

シンガポールでもやはりパンダは人気のようだ。
しかしもしあなたがパンダを見たいのであれば、和歌山のアドベンチャーワールドへ行くことをお勧めする。
たくさんのパンダ、しかも上野動物園のように長時間待たなくていい。
詳細はこちらの記事で⇒【こんなにたくさん!?パンダが見たいなら和歌山へ行こう!】

そのまま入口まで戻っていったが、結局雨が止む事はなかった。

気を取り直してチャイナタウンに移動。
今回もGrabを利用してドライバーさんに迎えにきてもらった。
リバーサファリは街から離れているが、お客さんを連れてきたGrab車がたくさんいるのですぐに捕まえることができた。

ちょっとだけ街を散策して、それからマリーナベイサンズのカジノへ向かった。

目指せ一獲千金!シンガポールでカジノに挑戦!

こちらも今回の旅行の楽しみの1つ、マリーナベイサンズのカジノである。
カジノの前のATMで軍資金のシンガポールドルを引き出そうとしたが、なぜかカードが使えず引き出すことができなかった。
仕方がないのでカジノ内の換金所で両替してもらうことに。
レートはあまりよくないのでできれば準備して行きたかったのだが、仕方がない。

シンガポールのカジノは国民は入場料がかかるが、海外からの客は無料で入ることができる。
入口でパスポートをチェックされ華やかなフロアに入場。
そのまま換金所に向かい、日本円をシンガポールドルに交換してもらった。
軍資金は日本円で10,000円ずつとした。

まずはカジノのフロアをぐるっと回ってみる。(ちなみにカジノ内は撮影禁止のため写真はない。)
その中で初心者が簡単にでき、なおかつカジノっぽい雰囲気を楽しめそうな「ルーレット」をやることにした。
最初はルールを理解するために他の人がやっているところを観察した。
どうやらテーブルのディーラーさんからチップを購入し、そのチップをテーブル上の数字や色(赤or黒)の上に置くようだ。

妻と私はそれぞれ軍資金の半分、5000円ずつをチップに交換してもらってゲームにのぞんだ
色にかけるのは赤と黒の2色だけなので当たりやすいが、当たっても2倍にしかならない。
数字はピンポイントで当たれば36倍、2つの数字の間におけば(どちらかが当たれば良い)18倍、4つなら9倍と色々なかけ方がある。

せっかくのカジノなので、数字にかけ続けた。
その結果、私の軍資金5000円分のチップは1度も増えることなく最後の1枚になってしまった。

あっという間に終わりそうなんですけど…せめて一回、当たって増える快感を感じたかった…

私は増えてきたわよ。

もう終わりか、そう思って最後の1枚を数字の上に置く。
そしてボールが止まった。
次の瞬間、私のチップは一気に増えていた。

そこからは買ったり負けたりで、一時は最初の枚数よりも増えたりしたが結局は全てなくなって終わった。

チップなくなったけど何度も当たったし楽しかった!!

私は残りの軍資金5000円分を握りしめ、近くのスロットに移った。

一方妻はと言うと、5000円分のチップを20,000円まで増やしていた。

今日はこれくらいにしておいてあげるわ!

ルーレットを終えて妻がやってきた。

最初はルーレットよりもスロットをやりたがっていた妻だったが、私のお金がみるみる吸い込まれていくのを見てスロットはやらないことにした。

結局、私が10,000円失って、妻が5000円を20,000円に増やしたため、夫婦トータルで15,000円使って20,000円戻ってきた。
カジノを堪能でき、さらに5000円増えたので大満足だ。
欲を言えば一攫千金と言う夢も見ていたのだが(笑)
買った分のチップは最初両替した換金所でお金と交換してもらえた。
また、カジノではソフトドリンクが飲み放題と言うのも良かった。

カジノを出た私たちは、まだ日も高かったので「リトルインディア」と言う地区に行ってみることにした。
今回もGrabを使って車を呼ぶことに。
しかし、ここで痛恨のミス。
私がGrabの使い方をしっかり理解していなかったため、運転手と出会うことができなかったのだ。
運転手を呼ぶ際には、最初に待ち合わせ場所をセットする(地図にピンを立てる)。その際ピンの位置がズレてしまうことがあるのだ。
それを確認しておらず、運転手は私たちがいる場所とは別の場所に行っていた。
更にマリーナベイサンズの周りは車が混んでおり、道路も広いため状況は悪化した。
結局この時はキャンセルすることとなった。

ドライバーさんごめんなさい…

皆さんにはGrabを使う際には待ち合わせ場所をちゃんと確認し、拾ってもらいやすい場所で待ち合わせることをお勧めする。

私たちはマリーナベイサンズ前の混み合った場所から移動し、そこでもう一度Grabを使うことにした。
今度は無事に運転手と合流し、リトルインディアに向かうことができた。

熱気ムンムン!リトルインディア

リトルインディアは多くのインド人で混み合っており、今まで見たシンガポールとは熱気が違った。

大勢のインド人に圧倒された妻は「リトルインディアがシンガポールで1番印象に残った」と言っていた。

リトルインディアすごかったわぁ。


お腹も空いたので妻の行きたがっていた「フード・リ・パブリック」と言うところで夕ご飯を食べることに。
移動にはまたもやGrabを使用。
今回はリトルインディアで使用したこともあって、インド人らしきドライバーさんだった。
車内にもインドっぽい音楽が流れていた。

行きたいお店は営業時間の確認必須!

車で移動している途中で妻が一言。

あれ?フード・リ・パブリック今あったよ?

そんなバカな、まだ半分も来てないはずだけど…
ドライバーさんに止まってもらい確認すると、私が指定したフード・リ・パブリックは別のお店で、妻の行きたかった場所は今通り過ぎたところだった。
ドライバーさんに何とか目的地を変更してもらい、今のお店戻ってもらった。

よく気づいたね(^^;

街並み眺めてたらたまたまあった!

1日遊んだ疲労、そして連続のミスで私は疲れ切ってしまった。


さらに悲劇が私たちをおそう。
フード・リ・パブリックで食事後、妻がシンガポールで一番食べたかったという
「マックスウェルフードセンター内にある海南鶏飯といお店のチキンライス」
ついて調べていたときのことだ。
翌日(シンガポール最終日)行こうと言う話になり、営業時間をネットで調べてみると…
なんと翌日(月曜日)は定休日だということがわかったのだった…

うそでしょ…いや、まだよ、、今日の閉店までまだあと1時間あるわ!!!

お店が閉まる20時までまだ1時間ほどある。
すでにお腹はいっぱいだが、
「なんとしてもこのチキンライスが食べたい」
と言う妻の願いを叶えるため、マックスウェルフードセンターへ向かった。

…ダメだったね。。。

チキンライスは既に売り切れていたのだった。
私に続いて憔悴する妻。
さらによろめいたところに段差があり、足をひねりかける…
皆さんは行きたいところがあれば早めに向かおう。

疲れ果てた私たちはホテルへ戻った。
ホテルは相変わらず素晴らしく、疲れた私たちの心を癒してくれた。

このホテルに宿泊して本当に良かった…


マリーナベイサンズ 光と水のショー(SPECTRA)

一休みした私たちは、マリーナベイサンズの光のショーを見るために、マーライオンパークへ向かった。
ここはマリナーズベイサンズの向かい岸で、全体が見える良いスポットだとネットで紹介されていたのだ。

ホテルからも近いしマーライオンも一緒に見えるしよさそうね!


マリーナベイサンズ からレーザーが出てかっこよかった!

しかし、正直なところ… 光のショーを堪能するなら、ここよりもやはりマリーナベイサンズに近づいてみたほうが楽しめるのではないかと思う。
あまりに遠すぎるのだ…
今回はホタル近くでこれだけ楽しめたからラッキーだったが、次回はしっかりと近づいて見たいと思う。


こうして私たちのシンガポール2日目は終了した。

3日目に続く。