カティーの旅とマイル

僻地に赴くエンジニアの旅行記やマイルの貯め方を紹介します

LCC エアアジアXに乗った感想

f:id:kattie_travel:20171122115209j:plain

今年の夏に初めてLCC(格安航空会社)のエアアジアXに乗った為、レポートしておきます。行先はバリ島でした。本当はバリ島のレポートもしたいのですが、2017/11現在、バリ島では火山活動が活発になっておりオススメできません。。。

素敵な場所でしたので、火山活動が終息して安全宣言が出されたころにまた記事にします。

ということで今回の記事は「国際線LCCを使う際の参考情報」として読んでください。

 

料金

成田ーバリ島往復 23,250円(燃油・諸税込)

海外旅行予約サイトのSurprice!【サプライス】で購入。燃油等込で23,250円て、、、静岡から実家(福岡)に帰省するより安いやん・・・

ただし、あらゆることに追加費用がかかりますので、ANA等と同レベルのサービスを求めればそこそこの値段になります。

 

荷物について

手荷物は機内持ち込み分のみ無料です。預け荷物の予約は

 「チケット予約時」「予約後」「空港カウンター(出発前)」

で段階的に値段が上がります。参考までに私が行ったとき(2017/6)は

・チケット予約時:3,900円(20kgまで)

・チケット予約後:4,490円(20kgまで)

・出発時:6,000円(15kgまで)

でした。

チケット予約時/後は最大40kgの荷物まで予約が可能です(もちろん値段は上がります)。しかし、荷物の預け予約をしていかないと、当日カウンターでの依頼では15kgまでしか預かれないようです。

預け荷物が発生することが予想される場合には、事前に予約しておきましょう!ちなみに私は「足りないものは現地調達!」の精神でリュックサック1つで行きました。現地で服も数着買いました。お土産にもなるし一石二鳥です♪

 

座席の広さについて

国内のLCC(ピーチやジェットスター)と同程度の広さです。多少狭いですが、値段を考えると我慢できます。

 

機内サービスについて

飲み物から食べ物まで全て有料です。1円=約120IDR(インドネシアルピア)なので、ビール1本700円弱でした。ちなみに私は機内にペットボトルを持ち込んでいたため水すら購入していません。ケチですね(笑)

f:id:kattie_travel:20171122222242j:plain

 

ブランケットについて

実はこれが一番堪えました。普通の飛行機だともらえるブランケットがもらえません!行きは昼間だった為読書をして過ごしましたが、帰りは深夜便。寝るときに寒そうだと思った私は帰りのチェックインカウンターで「有料でいいからブランケットを借してもらえないか?」と聞きました。

しかし返事は

「申し訳ありませんが、ブランケットはビジネスクラスの方の分しか用意しておりません

!?

ビジネスクラスしかブランケットが使えない!!!?

LCCでエコノミーを使うつもりの皆さま、防寒対策をして乗りましょう

 

確認メールについて

Surpriceからのメールは日本語ですが、Airasiaからくる確認メールは英語でした。(2017/6月時点)

英語が苦手な方はGoogle翻訳で丸々翻訳できるので活用しましょう。もしそれでも不明点あれば、聞いて頂ければ多少はサポートできるかと思いますのでどうぞ。

 

総合評価

不便な点は多々あるものの、圧倒的なコストパフォーマンスを発揮した為大満足です。あとはブランケットさえ持ち込んでいれば。。。

普段マイルで特典航空券を入手している方でも、バリ島行きのような「直行便が少ない場所」に行くには強い味方となるでしょう。(2017年11月現在、バリ島行き直行便は「エアアジアX」と「ガルーダインドネシア航空」のみ)

 

陸マイラー向けおまけ

今回の格安旅行でもちゃっかりマイルを頂いております。

それは「Surprice経由の航空券予約」と「Agoda(旅行予約サイト)経由のホテル予約」です。

ポイントサイトを経由してこれらのサイトへ行き、そこから航空券やホテルを予約すると数パーセント分のポイントがもらえます。たかが数パーセントですが、旅行で使うお金は万単位。コツコツ貯めれば馬鹿になりません。

ポイントサイト等について詳しくは下記でまとめていますので、よかったら読んで下さい。

kattie-travel.hateblo.jp

 

最後になりますが、バリ島の現地の方に被害がないこと、早く事態が収束することお祈り申し上げます。 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村