カティーの旅とマイル

「旅を楽しむ」をコンセプトに、僻地に赴くエンジニアが旅行記やマイルの貯め方を紹介します

シンガポール&バルセロナ新婚旅行記(その4/バルセロナ1日目)

2018年9月
ANAマイルの特典航空券でシンガポール&バルセロナへ行ってきました!
本記事(旅行記その4)はバルセロナ観光1日目」について書いています。
●その1はこちら⇒【出発~シンガポール初日】
●その2はこちら⇒【シンガポール2日目】
●その3はこちら⇒【シンガポール3日目】

  • 各フライトの搭乗記
  • 宿泊ホテルのレビュー
  • 観光地の情報

などは別記事にて細かく書きますので、そちらも読んでもらえると幸いです。
また、「ここはもっと詳しく知りたい!」なんてコメントをいただければ、できる限り回答いたしますのでぜひコメント下さい(^^)

バルセロナ到着!

ついにバルセロナに到着!
ビジネスクラス利用のおかげで飛行機から真っ先に降りて入国審査を通過、預け荷物もすぐに回収することができた。
やっぱりビジネスクラスってすごい!

私たちが最初に宿泊するホテルはバルセロナの中心地、カタルーニャ広場に面した場所にある。
カタルーニャ広場」へは、空港バス1本で行けるためこのホテルを選んでいた。

空港バスの場所自体もわかりやすく、案内に従って進むとすぐに見つけることができた。 ちなみにバスに乗る際は、バス乗り場にある券売機でチケットを購入することになる(片道5.9ユーロ)。
バス自体は次々とやってくるので、バス乗り場で長時間待たなければならないと言う事はなさそうだった。

バスに乗って30分ほどでカタルーニャ広場に到着。
カタルーニャ広場にはハトがいっぱい!フンをつけられないよう気をつけよう。

ホテルは広場の本当に目の前にあったのですぐにわかった。
時刻は昼の12時前。
3時からチェックインと言う話だったが、あわよくばと思いチェックインできるか聞いてみた。
しかしやはりまだチェックインができなかった。
荷物だけ預かってもらい昼ごはんを食べに行くことにした。

バルセロナランチと洗濯

昼食の前に忘れてはならない仕事があった。
それは「コインランドリー」に行くことだ。
今回の旅行は10日間と少し長かったので、必要な衣類を全て持ってきていてはかなりの量になってしまう。
そこで私たちは半分程の服だけにして、途中で一度洗濯をすることにしていたのだ。
ホテルのランドリーサービスを使うことも考えたが、枚数も多く結構な金額になりそうだったのでコインランドリーを使うことにしていた。
コインランドリーの位置はこちらの「バルセロナウォーカー」さんのホームページで調べさせていただいた。
【参考】→バルセロナウォーカー/コインランドリー

バルセロナウォーカー」さんは、今回の旅行でものすごく参考にさせていただいた。
これからバルセロナ観光をする予定の方必読のサイトだ。

目的のコインランドリーはホテルから歩いて5分位の距離にあった。

肝心の使い方がよくわからず説明を見ていると、コインランドリーの従業員さん(?)と思われるおじいさんが話しかけてきたので
「乾燥までまとめてできますか?」
と聞いてみたところ
「イエスエス
との返事が。
しかし乾燥までできそうなボタンが付いていない。
ちゃんと言いたいことが通じなかったようだ。

困っているとたまたま日本語の話せる女性がいて
「乾燥は一度取り出して向こうの乾燥機に入れないといけませんよ。」
と教えてくれた。
この方がいなければ私たちはもっと苦労していただろう。
本当に助かった。

洗濯が終わるまで近くのカフェで昼食を食べていることにした。
注文して待っていると洗濯が終わる時間が近づいていた。(洗濯時間30分)
料理が来るまでまだ時間がかかりそうだったので、妻に店内で待っていてもらって洗濯物を乾燥機に移してきた。

お店に戻ったらちょうど食事が出てきたところだった。
昨日までのアジア系の料理から一変、「欧米!」といった感じのボリューミーなランチ。

乾燥機の時間も30分だったので食事を終えたところでちょうど時間になっていた。
コインランドリーに戻って乾燥機から服を降り出したところで、洗濯用ネットから取り出さずに乾燥機に入れた依頼があることが発覚した。
案の定ネットの中にあった衣類はまだ乾燥していなかった。
仕方がないのであと30分乾燥機にかけることに。

だいぶ疲れてきていたので、この間にチェックインできないかと思い一旦ホテルへ戻ってみた。
時刻は午後2時ごろ。
フロントに行ったら他のお客さんがまだチェックインを断られていたので私たちも諦めた。
洗濯物の乾燥が終わるまでロビーで一休み。
30分後、コインランドリーから洗濯物を回収して無事ホテルにチェックイン。
コインランドリーから戻る途中、カタルーニャ地方の国旗(?)をもった大勢の集団を見かけた。
ホテルのドアマンさんに聞いてみると、
「今日はカタルーニャ国民の日っていう祝日なんだ。5時からパレードが始まるよ」
と教えてくれた。
ご存知の方も多いかと思うが、2017年8月にバルセロナでテロが起こっている。
そしてその場所が、私たちのホテルすぐそばのランブラス通りだったのだ。
これはテロがパレード中にテロが起こる可能性もあるのでは。。。

スペイン村でフラメンコ鑑賞

この日の夜は「スペイン村」の中のレストランにフラメンコショーを見に行く予定だった。
ショーの予約をしている人は、通常有料のスペイン村に16時から無料で入場することができる。(ショーは18時から)
せっかく無料で見て回れるしパレードの混雑にも巻き込まれたくなかったので、16時過ぎにスペイン村に到着するようホテルを後にした。

スペインでの移動は「Uber」をかなり使った。
シンガポールで大活躍した「Grab」と同じ配車アプリだ。
GPSで自分の現在地を拾い、近くのドライバーさんを呼んでくれる。
目的地もアプリを通して相手に伝わっており、料金も先に提示される。
また、クレジットカードを登録していれば支払いもアプリを通して行うことができるため、ぼったくられる心配もなく安心だ。
バルセロナを4日間観光して、最終的には「地下鉄の駅が近い場所は地下鉄、遠ければUber」という使い方になった。)

スペイン村の話に戻ろう。
入口でフラメンコショーの予約確認メールを印刷したものを見せるとそのまま入場できた。

さすがにカタルーニャ地方の一大イベントが行われているからか、中はガラガラだった。 営業していないお店も多数あった。
ある意味混雑を避けれてよい日程だったかもしれない。

中にはスペイン各地の特色ある建物がいっぱい。
私たちが行く予定のスペイン南部の白い村の家もあった。

その他小さな古城(?)や教会、美術館などもあった。
古城は丘の上にあり、雰囲気のある写真撮影ができた。蚊が大量にいて何か所も刺されたが(苦笑)

スペイン村にはネコがいっぱい!


そうこうしている間に6時になったのでレストランへ。
予約をしたのが早かったからなのか、ステージ真横のすごく見やすいテーブルに案内された。


食事はドリンクだけやタパス料理、コース料理など事前に選べたのだが、私たちはタパスにしていた。
タパスとは手軽につまめる小皿料理のことだ。
小皿料理とは言っても食べ切れないほどの量が出てきたのだが。
ドリンクも付いていたのでサングリアをいただいた。
サングリアも大きめのボトルに入ったものが渡されたため、何杯か飲んでもまだ残っていた。

疲労と眠気がある状態でお酒を飲んからか、あっという間に酔っ払ってしまいすごく気分が良くなっていた。
フラメンコは想像よりずっと迫力がありすごく楽しかった。
特に1番初めに踊ったおばあさんの動きのキレがすごく、めちゃくちゃかっこよかった。

オレもフラメンコやってみたい!!

酔っ払った私がツボに入ったのから自分も酔っ払っていたのか、妻は終始ケタケタ笑って楽しそうだった。
10日間の新婚旅行の中でこの時間が1番楽しかったかもしれない。

午後8時
楽しかった時間はあっという間に過ぎ、私たちはスペイン村を後にした。
この時間でもあたりはまだ明るかった。バルセロナはこの時期、夜明けが遅く日没も遅いようだ。
今回もUberを使ってドライバーさんに迎えにきてもらった。

ホテルに戻ると辺りは暗くなっており、お祭りも終わっていたようだった。
テロなどもなかったようで一安心。
こうしてバルセロナ1日目を堪能した私たちは、そうそうに布団に眠りについたのだった。