カティーの旅とマイル

「旅を楽しむ」をコンセプトに、僻地に赴くエンジニアが旅行記やマイルの貯め方を紹介します

徹底検証!音声入力アプリ『Speechy』の魅力


スマホでブログを書くとき、メモを取るとき、もうちょっと書きやすい方法はないだろうかと思ったことはありませんか?私は普段パソコンでブログを書いており、スマホで書くとなるとどうしても入力にもどかしさを感じていました。
しかし『Speechy』という音声入力アプリに出会い状況が一変することに!
本日はその『Speechy』について徹底検証してみたいと思います。
※検証はiPhoneにて行っています

スマホでの文字入力方法

スマホでの文字入力というと

等が上がります。どれも一長一短ありますね。

フリック入力
利点 予測変換も活用でき、慣れるとかなり速く打てる。特別な準備不要
欠点 慣れるまで大変。キーボードの方が速い。英数が混ざると速度が落ちる
外付けキーボード
利点 慣れるとかなり速く打てる
欠点 慣れるまで大変。キーボードの準備が必要

普段キーボードをあまり使わない方であればフリック入力の方が速いと思います。電車なんかで学生さんがすごい速さで文字を打っていたりしますよね(^^; しかしそれでも長文を書くとなるともどかしさを感じるわけです。
外付けキーボードは普段からキーボードで打ち慣れている人にはありがたいですよね。ですが隙間時間にスマホでブログを書くのに、わざわざ外付けキーボードを使うのはちょっと…

音声入力
利点 かなり速く入力できる
欠点 人がいると恥ずかしい。精度が心配(?)

最後に音声入力を見てみましょう。音声入力の利点は慣れなくても速く入力できるという点です。メモ帳などで使用している方もいるかと思います。ですがゆっくり喋らないと入力できなかったり、ゆっくり喋っても精度が心配だったり…もう一歩!というのが正直な感想です。
しかしそれが『speechy』というアプリを使うことでかなり改善されました!


音声入力アプリ『speechy』

正直なところ初めてspeechy のことを知った時には「標準の機能で十分では?」と思いました。スマホで標準的に使える音声入力も精度が上がってきており、私もしばしば使っています。
しかしわざわざアプリとして売り出されていてApp Storeの評価もかなりの高評価。無料版もあるので「試してみて損はない」と思い使ってみた結果…標準のアプリとは一味違いました。

ちなみにspeechyはみんな島さんのブログ記事で知りました。→【写真に文字の追加と音声の文字化を可能にする3つの無料アプリとは?】
みんな島さんもスマホで快適にブログを書く方法を模索していてこのアプリを見つけたようです。

speechyでできる様々なこと

まずはspeechyがどのような場面で役に立つのか紹介します。

1.ブログの執筆

speechyはブログの執筆、特に長文を書くときに役に立ちます。

【speechyの優れた点】

  • 標準の音声入力が起動後40秒で入力終了してしまうところ、speechy(有料版)は時間無制限で記入できる
  • 文脈に沿って単語を自動修正するため、長文になると精度が上がる
  • なんと言えば「。」や「、」と言った記号を入力できるか一覧にしてくれている




2.会議等の議事録やメモ

speechyは文字入力と同時に音声も録音してくれるため、会議や会話のメモに最適です。文章にミスがあった場合は元の音声を確認することができます。
また、音声認識モードで「複数人からの音声入力に最適なモード」を選ぶことができます。


3.英語学習

speechyは多数の言語に対応しているため、英語の発音練習にも使えます。例えば日本人の苦手な「rice(米)」と「lice(シラミ)」の発音の違いもSpeechyが聞き取ってくれます。
また、入力した文章をそのまま翻訳する機能がついているため、海外の方とコミュニケーションをとる際にも役に立ちそうです。

音声聞き取り能力比較


【比較条件】

  • 標準音声の検証にはメモ帳を使用
  • 音声にはYouTubeより青空文庫の「にゃるラトホテプ」を使用
  • 1倍速(朗読音声のため通常会話より遅め)、1.25倍速(標準会話程度)、1.5倍速(かなり早口)の3パターンを検証
  • 、。は後から挿入。(実際にアプリを使用する際は「まる」と言えば「。」が、「てん」と言えば「、」が挿入されます。

youtu.be


検証①:1倍速

【メモ帳 1倍速】

ニャルラトホテプ、はいよる混沌。残ったのはもう私だけ。この何もない空を聞き取りしてお話ししようと思います。そもそものことがはっきりとは思い出せません。でも何ヶ月か前です。みんなひどくピリピリしていました。世の中がしっかり帰ろうとしているところへ来て、なぜだか強く身に付けを感じて不安になるあたりが、ドコモカモガ危なかったのです。


【speechy 1倍速】

ニャルラトホテプ、はいよる混沌。残ったのはもう私だけ。この何もない空を聞き手にしてお話ししようと思います。そもそもの事ははっきりとは思い出せません。でも何ヶ月か前です。みんなひどくピリピリしていました。世の中がしっくり帰ろうとしているところへ来て、なぜだか強く見に危険を感じて不安になる、あたりがどこも雲が危なかったのです。

本当はもう少し長く入力したかったのですが、標準の音声入力は起動後40秒経つと入力が終了してしまうためこの長さになりました。speechyは時間制限がないのでこの点はspeechyに軍配が上がります。(※時間制限なしは有料版のみ)
精度はどちらもかなりのものです。


検証②:1.25倍速

【メモ帳 1.25倍】

見られると捕獲。はいよる混沌。残ったのはもう私だけ。この何もない空を聞き取りしてお話ししようと思います。そもそもの事ははっきりとは思い出せません。でも何ヶ月か前です。みんな広く世の中がひっくり返る落としているところでして、不安になる、ただわけもなくそんな極端な時にしか感じいない類の期間です。


【speechy 1.25倍】

ニャルラトホテプ。はいよる混沌。残ったのはもう私だけ。この何もない空を聞き手にしてお話ししようと思います。そもそもの事ははっきりとは思い出せません。でも何ヶ月かないです。みんなひどくピリピリしていました。世の中がしっくり帰ろうとしているところへ来て、なぜだか強く身に危険を感じて不安になる、あたりがドコモカモガ危なかったのです。


メモ帳は出だしから怪しくなってまいりました。文全体を通してもかなり誤字脱字が目立ちます。
一方のspeechyは1倍速のときと同レベルの精度を保っています。
この速度で聞き取れれば、速度を気にせず使用できます

検証③:1.5倍速

【メモ帳 1.5倍速】

音声の速度についていけず入力できませんでした(>_<)ここまでくると早口のレベルなので仕方ありませんね(^^;
ではspeechyはどうでしょうか?

【speechy 1.5倍速】

ニャルラトホテプ、はいよる混沌。の事の間の私だけ。この何もない空を聞き手にしてお話ししようと思います。そもそもの事ははっきりとは思い出せません。でも何ヶ月かないです。みんな広くピリピリしていました。世の中がしっくり帰ろうとしているところへ来て、なぜだか強く実に危険を感じて不安になるあたりが、ドコモカモガ危なかったのです。

なんと!speechyは1.5倍速でも聞き取れました!やや怪しい箇所もありますが精度もかなりのものです。

音声聞き取り能力比較【結果】

標準の音声入力もなかなかの精度でしたが、やはりゆっくりしゃべらないと精度が落ちました。
一方speechyはかなりの早口でも高精度で入力できることがわかりました。speechy素晴らしい!

speechyの弱点

音声入力全般に言えることですが、リアルタイムで細かい修正がしづらいです。

【解決策】修正箇所はそのままにしておいて一通り文章に起こす、最後に推敲も兼ねて修正する、という方法をとるとグッと楽になります。

まとめ

speechyと標準の音声入力を比較した結果、明らかにspeechyの方が使い勝手が良かったです。特に話すスピードを気にしなくていいのはありがたいです。
無料版でも十分その効果を体験できますので、まずは無料版で試してみて下さい。有料版(600円)を購入すると機能制限なしになります。